Loading

新着記事

貸借対照表の分析ポイント

税理士事務所や経理担当者から説明なく渡され、そのままになっていませんか? 財務諸表は、大事な要素が含まれる宝箱です。
当事務所ではできる限り、ご説明差し上げております。ご相談は、パナタックス岩城弘明税理士事務所まで!

貸借対照表とは?

貸借対照表は、事業の一定時点の財政状態を「資産」「負債」「純資産」から見ることができるものです。つまり、決算時、会社はどんな財産(資産)を持っていて、その財産の原資になるお金(負債・純資産)はどうやって集めてきたか、わかるようになっています。

貸借対照表の分析ポイント

貸借対象表をチェックする際、次の4つの視点で見ることが大切です。

・構成割合(バランス)

資産・負債及び純資産の構成割合は適正か?

・資金の調達源泉

自己資本中心であるか、他人資本に頼りすぎていないか?

・前期との比較

前期の数値と比較して大きく変動したものはないか?

同業他社との比較

同業他社の数値、構成比と比較して大きく違うところはないか?

次回以降、4つのポイントについて、一つ一つ見ていきたいと思います。

最新の同業他社の数値や構成比率は、当事務所のお客様に対し、随時提供しております。

開業後の診療圏分析してますか?

初級編 貸借対照表分析(構成割合)

関連記事

  1. 初級編 貸借対照表分析(構成割合)

    2022.11.09
PAGE TOP