Loading

セカンドオピニオンサービス

セカンドオピニオンとは

ずっと、不安や疑問に感じていた事項について,他の税理士からのアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。
セカンドオピニオンは,よりよい決断をするために,当事者以外の専門的な知識を持った第三者に求める「意見」、または「意見を求める行為」のことです。
企業の税務・会計の世界でも「セカンドオピニオン」が求められる時代となりました。
税務・会計の「セカンドオピニオン」とは、現在の顧問税理士とは別の税理士からのアドバイスを受けられるサービスです。
税理士には,いろいろなタイプの税理士がいます。それぞれに得意分野も違いますので、話を聞くことで違った発想が生まれる可能性もあります。

下記のようなお悩みをお持ちであれば、ご相談ください。

  • 顧問税理士の変更を検討しているけれど,現状を聞いてもらいたい。
  • 現在の顧問税理士との関係はそのままで,ほかの税理士の見解も聞いてみたい。

セカンドオピニオンサービスをご依頼いただくことで下記のようなお悩みが解決できます。

  • 税務や財務について別の税理士の意見を聞きたい。
  • 現在の税理士と年代が離れていて話が合わない。
  • 顧問税理士が作成した法人税の税務報告書の内容に疑問がある。
  • 税務調査が入るけれど今の税理士だけでは対応が不安。
  • 現在付き合いのある税理士のアドバイスに不満があり,別の税理士に相談したい。
  • 自社の経営状況について意見を聞きたい。
  • もっと頻繁に相談に乗ってほしい。

セカンドオピニオンサービスのご案内

顧問税理士のアドバイスに関してのご相談

顧問税理士の経営に関するアドバイスや,作成してもらった申告書などについて疑問があり,ほかの税理士に意見を求めたい場合にスポット業務にてご利用いただけるサービスです。

税理士変更を視野に入れたご相談

顧問税理士の変更をお考えの方で、変更前にセカンドオピニオンサービスをご利用をご希望する場合には、ご料金を割引します。

PAGE TOP