Loading

事業案内

バックオフィスの適正化

  • アウトソーシング業務の実績を生かした、バックオフィスの適正化の提案・サポートをしております。

バックオフィスとは

社内の経理や総務業務全般、商品やサービスに関するお問い合せ、受注、会員登録やクレームなどの窓口業務、専門性の高いサービスの事務局の運用など、多岐にわたるオフィス業務をいいます。
当事務所は、経理部門と総務部門を中心としたバックオフィスの業務の適正化を承っています。

適正化とは

現状を把握、分析し、業務プロセスや問題点を可視化し、ナレッジやノウハウを明確にした上で、コスト削減や業務の効率化を図る改善プランを提案します。
ヒューマンインターフェイスを大事にしながら、クラウド会計ソフトや各種ITツールを利用し、改善・適正化をします。

バックオフィスの適正化の業務の流れ

ステップ1 現状のヒヤリング・確認

現状の業務状況や体制などのヒヤリングを行い、各種資料等の確認を行います。

 矢印

ステップ2 現状の業務フローの作成(業務フローがない場合)

現状の業務の業務フローを作成し、問題点の洗い出しなどに利用する基礎資料となります。

 矢印

ステップ3 各種マニュアル・規定の作成(不足しているマニュアル・規定のみ)

業務フローをもとにしたマニュアルの作成や規定の整備を行います。

 矢印

ステップ4 将来を見据えたご要望の打ち合わせ

今後の経営方針や体制のご希望をお聞きし、現状の業務フロ―やマニュアル・規定を確認しながら、問題点の洗い出しを行います。

 矢印

ステップ5 改善業務フローの提案・改定

改善業務フローの提案をさせて頂きます。マニュアル・規定の変更の改定もあわせて行います。

 矢印

ステップ6 実行サポート

運用開始時に、業務フローやマニュアル・規定について、社内説明のサポートをします。当事務所では、運用が定着するまで継続したサポートをしますので、ご安心ください。

PAGE TOP