Loading

事業案内

税務顧問・経営サポート

「顧問税理士」は、会社の経理状況を把握し、年間を通して代理人として税務署への対応を行います。さらに税務処理や節税のアドバイスなどを適切に行います。経済取引には常に税務問題が発生し、その理解には時間を要します。 よって、税務のエキスパートである税理士と顧問契約を結ぶことにより、お客様の負担を低減し、かつ、良きパートナーとなります。

税務顧問とは

経営者の方々は、経営課題が発生したとき、誰に相談されますか?

ご友人は親身になって悩みを聞いてくれますが、経営に関して的確なアドバイスは難しいかもしれません。

経営の舵取りや事業の拡大には、経営者の方々の夢と希望を共有できるパートナーが必要です。

経営パートナーで思いつくのは、税理士ではないでしょうか。

税理士は、会社の財務状況,事業の進捗など、経営者の次に会社の内情を知っていることが多いです。

しかしながら、「財務数値や現状を知っている」からといって、必ずしも、経営者の「悩みを解決できる」とは限りません。何を課題として感じとれるかは税理士の力量によってさまざまだからです。

残念ながら、「税理士に相談したのに解決しない」といった不満が生まれてしまうことがあります。

パナタックス岩城弘明税理士事務所では、「税理士とは、税務・会計の作業を行うだけでなく、お客様の不安を解消し、一緒に事業を継続・発展させるパートナーになりたい」と考えています。

また、お客様の理念や業界の特性を理解し、総合的に経営アドバイスができる税務・財務の専門家であることが、「税務顧問」であると考えています。

 

下記のような方は、ぜひご相談ください

  • 専門知識や最新情報が知りたい。
  • ビジネスモデル構築のアドバイスが欲しい。
  • 税務会計以外の相談にも乗ってほしい。
  • 経営や事業運営に強い税理士を探している。
  • 現在の税理士に不満がある。
  • 決算や納税のときだけでなく、相談回数を増やしたい。

税務顧問サービスの主な内容

試算表の分析と説明

財務会計システムに入力した会計データを分析し、「会社の財務状態」をわかりやすく丁寧に説明します。赤字の原因などを読み解くと同時に、何に重点を置いて今後の事業を進めるべきかなど、具体的な対策についても一緒に検討します。

資金繰りのご相談と提案

経営者の方と面談しながら、今後の予測される資金繰りを一緒に考え、効果的な資金繰りの手法を提案します。また,資金繰り表の作成もお承りしています。

金融機関対策と借入れに関するアドバイス

現状の財務内容を確認しながら、今後の設備投資や返済計画の打ち合わせをします。借入額やスケジュールなどについて、最適なプランを経営者の方とご一緒に検討します。

税務調査対応

税務署による税務調査の立会いをします。

当日の立会いに加え、事前準備を行い、また、調査終了後に修正申告が必要となった場合には対応します。

納税額の予測と適切な節税対策

決算2~3ヵ月前には、決算を予想して節税対策などの検討を始める必要があります。お客様の売上予測に基づき、大まかな決算の数字を割り出すと同時に、節税対策についてもしっかりと検討します。

 

※具体的なサービス内容は、お客さまのご選択により異なります。

 

ご契約の流れ

メール・お電話でのお問い合わせ

まずは,「メール」又は「電話」にて、お気軽にご連絡ください。

 

 

ご面談日の決定

こちらから、メール又はお電話にて、”ご面談日時の調整” と ”ご用意いただく資料” などを案内します。

 

ご面談

当事務所にて、ご面談をさせていただきます。

ご相談内容を丁寧にお聞きし、説明します。

また、お客さまに最適なサービスプランをご提案させていただきます。

 

ご契約

ご面談後、業務のご依頼をご希望される場合には,ご契約のお手続をします。

契約書を作成し,契約内容や業務の流れなどを説明します。

「とりあえず、サービス利用してみたい」、そのようなご希望にお応えできる便利な税務顧問サービスをご用意しています。

 

【セカンドオピニオンサービス】

“セカンドオピニオンサービス”は、下記のようなご希望をお持ちの経営者の方々にご利用いただきたいサービスです。当事務所では、セカンドオピニオンサービスをお承りしております。

  • 「ゆくゆくは顧問税理士を変えたいと思っているが、親の代からお世話になっているので、すぐには変えづらい」
  • 「新たな考え方やアドバイスがほしい」

セカンドオピニオンサービスの詳細はこちら

PAGE TOP